blender:カメラプレビューにガイドをつける

やっぱり編集中はガイドがあるとレイアウトとりやすいってことでカメラプレビューにガイドを表示させてます。

ガイドの表示方法

  1. カメラを選択
  2. プロパティのヘッダからビデオカメラのアイコンをクリック
  3. 「表示」内のコンポジションガイドから好みのガイドを選ぶ

f:id:ito144:20150213213434j:plain

ガイドの種類

フォトショップやAEのようにグリッド線を移動させて自分でガイドを作るやり方はわからないんですが、あらかじめ設定されてるガイドを使用することができます。

中心

f:id:ito144:20150213221322j:plain

対角線中心

f:id:ito144:20150213221502j:plain

三分割

f:id:ito144:20150213221514j:plain

対角線中心と三分割の2つを選択

f:id:ito144:20150213221540j:plain

複数選択することもできます。


これでカメラが大分つけやすくなったはず。私は中心・三分割あたりを使用してます。ガイドは慣れてしまうと、なしでは作れなくなる。

カッコイイ画面作りできたらいいよね(´・ω・`)


旧ブログから記事引っ越し

Blender:音源を読み込んでプレビューで音が鳴るようにする

今まで勘でアニメーションのタイミング測ってたんですけど、音読み込めたので覚書き。

フレームレートを設定する

f:id:ito144:20141212214942j:plain

プロパティエディタからレンダーをクリックしてフレームレートを設定します。

私はPCのスペック低いのでレンダリングの手間を省くために12fpsにしていますが、少数派だと思う。

ビデオシーケンスエディターを開く

f:id:ito144:20141212215756j:plain

デフォルトだと下の方にあるヘッダーのウィンドウからビデオシーケンスエディターというものを選んでクリックします

サウンドの追加

f:id:ito144:20141212220230j:plain

クリックするとビデオ編集用のウィンドウが開くと思うので、「追加」>「サウンド」から音源の読み込みを行ってください。これでプレビューボタン押したら音源が流れてくれる、はず!

私が確認した限りでは「MP3」「WAV」は読み込みできました。

音源は通常の3Dオブジェクトと同じように「右クリックで選択」「Gで開始位置移動」「Kでカット」などできます。


旧ブログから記事引っ越し

プリンストンの安いペンタブ使ってみた

使用目的:イラスト&3Dのテクスチャを描く
使用ソフト:CLIP STUDIO PAINT PRO / PhotoShopCC
Intuos3からの乗り換え

感想

使えないこともないけど絵を描くとしたらやはり安かろう悪かろう感は否めない。たが値段分の仕事はこなしてくれるので運が悪くなければコストパフォーマンスは良いのではないだろうか。

公式はお絵かき対応のペンタブとして扱ってない

最初に、プリンストンのペンタブはビジネスユーザー向けの商品のようです。Intuosみたいにクリエイター向け!という品ではありません。

「PTB-STRP1」はパソコン操作をもっと簡単に、便利に作業したいビジネスユーザーに最適なペンタブレットです。



PTB-STRP1 | グラフィックペンタブレット | 製品案内 | 株式会社プリンストン

お絵かきしててココ不便ってなってもそれ想定した開発してないから!っていうことで納得して使用しないといけません。

大きさ

開封した瞬間薄い!ってなりました。最近のペンタブはこんなにペラペラになったんですね。
雑誌と漫画と比較するとこんなものです。

https://i0.wp.com/lh6.googleusercontent.com/-6q_ZtjCLNq4/VFIhuSA2cFI/AAAAAAAAN5M/PpYiITieF5M/w500/IMG_1872.JPG?w=905&ssl=1

汚くて申し訳ないのですが以前使っていたIntuos3との比較

https://i2.wp.com/lh4.googleusercontent.com/-4n3_ps9k4Tg/U7kPLY8MlhI/AAAAAAAAN1M/JxHEnfW7JIA/w500/IMG_1518.JPG?w=905&ssl=1

あと開封した瞬間に替え芯とか芯抜きとか行方不明になりかけたので注意しながら開けること。

薄いのは嬉しいですね。軽いし。入力エリアも広いです。

使い心地

ワコムのIntuos3から移ってみて、まずペンを持ってみた感触が違います。形状が違うから当たり前といえば当たり前なのですが、ペンの重心が違うのかなぁ?

あと最初のうちはランプの白い点滅が少々うっとうしいかも。
目的だった操作は無事できているので満足です。

描き味

線の善し悪しとかは上級者ではないので評論できません。そもそも二値&アニメ塗りで描けたら十分なのでこれを買いました。

私の環境の場合、同じ線の設定でお絵かきしても線の太さが全然違います。ペンタブの設定・イラストソフトの設定をいろいろいじってみたのですが同じようにはなかなかならず。右往左往してる間にプリンストンのペンタブの描き味に慣れてしまいました。
お絵かきソフトでカスタムペンとか作ってる人は1から設定の見直しが必要になるかもしれません。ワコムからワコムに移ってもこんな感じなんでしょうか?
自分の好みの設定を決めてしまえばあとはいつも通りお絵かき出来ています。

「2048段階の筆圧機能」はぬるぬるしすぎて機能切りました。私には過ぎた性能だったようです。

あとワコムよりちょっと空中の認識エリアが狭いのかなって感じがしますね。最初は移動するときにペンを離しすぎてポインタ行方不明になって戸惑うかも。そのうち反応してくれるゾーンが手に染みついてきます。

ワコムのペンタブの表面はつるつるしてましたが、こっちはゴリゴリしてる感じ。私は好きです。
紙で絵を描いたことがないのでアナログと比較はできません。

充電式

8時間充電とありますが、これがなかなかめんどくさいです。描こう!って思った瞬間に描けないのはストレスが溜まります。
あと締切前とか一日中作業してると作業中に充電切れになったりしてもう!ってなります。意外に8時間は短い。上手くそこで休憩入れたりしますが。

しかしこれも慣れたらそんなに気にならなくはなります。

充電ができない

1週間ぐらい使って、充電できなくなる現象が起きました。充電で反応してくれるポイントがどんどん狭くなっていってくるくるオレンジランプが付く場所を探してました。
私のケースでは手垢が充電の接触面に付いていたのがいけなかったようで、拭き取って充電したらすんなりオレンジランプついてくれました。手垢っていっても指紋がついたらアウトぐらいの厳しさです。
本体の方の充電端子部分がかなーーーり脆そうなので触るときは自己責任で慎重にお願いします。というか何も接触しないように気をつけながら使うのが一番だと思う。

CLIP STUDIO PAINT PROで使える?

今(2014/10/30)のところ公式ではサポート対象外のようです。
現時点では使えてますが、いつ使えなくなるかとびくびくしながら使ってます。

入力エリアの縦横比が思うようにならない

ある日、プリンストンの設定側で「縦横比を領域に合わせる」って設定してるのにクリスタで作業しようとすると比率が合わない!ってなりました。

f:id:ito144:20141030234731j:plain

クリスタ側の環境設定から設定を合わせる必要があるようです。
私、領域に合わせるにした方が描きやすいのですが、もしかして合わせないの方が良いのかな?

描いてみた

f:id:ito144:20141031003928j:plain

3Dでモデリングした某携帯。左右の真ん中らへんのホームボタンとかスピーカーやカメラがテクスチャで描いたものです。

f:id:ito144:20141208040045j:plain
f:id:ito144:20141208040048j:plain

ペン先はクリスタのざらつきペン使ってます。ザラザラした線がひけるやつ。

さして上手くないので晒しても意味が無いような。

故障した

6月に購入して9月に調子が悪くなりました。マウスポインタがついてこない。カーソルが思うように動かない。

プリンストンの問い合わせに金曜日にメールして火曜日に返事が来ました。メーカーに製品送付することに。

ペンの不具合ということで、7日に送って9日に返ってきました。早い。思ったより早い。

付属品も全部送ってくださいって指示だったので説明書やドライバのCDなどとっておいた方がいいかも。あと買ったときのダンボール。幸い全部揃っていたので欠けてたらどうなっていたかは確認していません。

おすすめ?

オススメしずらい
毎日ペンタブ使う人。あと締切とかある人。

ちょっとオススメしずらい
ワコムを使ってた人の乗り換え。

上にいろいろ書いてますが、慣れたらどうってことないと思うので値段を考えたら買って良かったなって思います。そもそも描き味にこだわる人は選ばないペンタブだろうし。1万円をきる価格っていうのは偉大。
保証期間の一年ちゃんと働いてくれたらいいや。

ワコム(WACOM) Wacom Intuos Medium ワイヤレス ペンタブレット

created by Rinker

ということ長年使用していたwacom Intuos3お陀仏でオタク引退の危機から救ってくれたプリンストンのペンタブレビューでした。

(でもお財布に余裕があればなんだかんだでワコム欲しい)

MMD:よく使ってるエフェクトを紹介

MikuMikuDanceの姉妹ソフトMikuMikuMovingで私が普段使用してるエフェクトの紹介です。
といっても初心者に毛が生えた程度なので動画作ったことがある人には参考にならないかも。
Read More

HQ!!衣装関連資料

ハイキュー!!のユニフォーム・制服・シューズなどの自分用メモ書き。本誌進行。迷ったときは自分の好みで作ってます。
アニメはそんなに見てないので積極的に反映してません。

転載は訂正できなくなるのでご遠慮下さい。

Read More

ハイキュー!!イベントカレンダー

誕生日や試合日程等ハイキュー!!のイベントメモ書き。取りこぼし多数。


公式ではっきり出てきてないけどここらへんじゃないかな?という項目には「未:」と付いています。未確認。クリックすると説明が出る。

日向の烏野入学は2012年の4月。下のカレンダーは2012年のカレンダーなので順番に見てもらうとなんとなく漫画の日程の流れがわかります。
毎年繰り返し設定は基本誕生日にしか設定してないので(イベントになりそうな日は設定してますが)、合宿や試合の日時は下のカレンダーから確認お願いします。

– 10月の春高代表決定戦までは実際の宮城の大会と日程同じですがそれ以降は独自日程で進むみたい。
– 2012年だとガラケーからスマホへの乗り換えが進んでる谷間ぐらいなのでLineの普及はギリ届いてるかいないかぐらいか?iPhone持ってる勢はやってるかも。

googleカレンダーをご利用の場合、右下のgoogleカレンダーボタンからこのカレンダーを追加取り込みできます。
コミックの発売日は外部の新刊情報サイト(新刊.net)を使用させてもらってます。カレンダーや小説版の発売日は表示されません。