グラブル:四象降臨と十天衆

やってきました四象降臨。
三回目なのですが、四象降臨やるたびに自分のPT強くなってるな~~って思います。順調に育ってる。
情報とやることがいっぱいあって混乱するのでまとめておきます。

目標

  • ヒヒイロカネを3つとる
  • 武器4つにスキルをつける

今回はとりあえずこれで行きます。

ヒヒイロカネは前回3つ取れたみたいなので今回も3つ。前回はレートが低かったのですが、レートが上がった変わりにPTも育ってきてるのでギリいけると願って。

武器は前回交換しといたほうが良いと入れてる方の4属性の武器を4凸するところまで終わってるので王とか邪とかいうやつのスキルを付けていきたいです。
神石がひとつも!!!神石がひとつも来てくれないので!!!全部「邪」にして2つ目はいらないと思うんですけどどうでしょう?ちょいちょい開催してくるのでもし神石くんが来てそっちの編成をするならそれから王作ればいいかなって。
140石もグリームニルくんしか来てくれないので全属性マグナ編成です。あ、バハムートさんも居ます。

ヒッヒと古戦場見据えて朱雀光剣を邪にするのを優先であとは時間があればぼちぼちやっていきます。

十天衆

現在カトルくんとサラーサさんが来てくれてます。ヒッヒがあと一個手持ちがあるのでソーンさんを呼びたいのですが細々としたものが集め終わってないので半額待ち。
あとは今回手に入れたヒッヒでエッセルさんを呼びたい。

  • カトル・・・しゅきぃ。
  • サラーサ・・・アーカルム目的。アーカルム周回が楽になった。可愛い。
  • ソーン・・・ちょっと育ってきた初心者が手に入れると最終前でもつおい!って聞いて。可愛い。
  • エッセル・・・カトルくんのお姉ちゃんだから。可愛い。

と、いう感じで十天衆さんお呼びしてます。前回の水古戦場は頑張ってカトルくんに銃集めさせてました。お姉ちゃんを呼ぼうね~~!!
エッセルさんはあまり好みの絵とまでいってなかったんですけど、ビリビリエレクトルサマーのイラストがもうドンピシャで好みついてたのでスキン超待ってます。
ちなトレハンはめんどくさいのでしない派。いいんだ、カトルくんだけお船に乗せてるの申し訳ないから、わい団長お姉ちゃんも乗ってもらいたいんだ。

あと十天衆誰を呼ぶか悩みます。次の古戦場で誰の武器を集めたら良いんだ。
風属性のキャラが居ないのでシエテさんかニオさんの武器を集めようかと思ったのですが、性能面でいうと最終しないとスタメンに入ってくれないのでは・・・?いや、どうだろう・・・。風けっこうSSR集まってるしな・・・。
ヒヒイロカネはそれよりも今居るキャラの最終に回したほうが良いのか否か。最終開放について詳しく調べてないのですが、「ヒッヒ1個+44箱+その他諸々」か「ヒッヒ1個+ヒッヒ1個&4箱+その他諸々」の二つコース?な、悩む上にややこしい。

今古戦場でカトルくんの武器を集めては居ますが、3開催でやっと40箱開けられるかな~どうかな~?ちょっと厳しいかな~?ぐらいなので40箱コース選ぶとかなりゆったりペースになります。
画像スクショするのに四天刃探してあれ?これだけしか集まってない!??って思ったんですが普通に属性変更してメイン武器として使ってるんでした。一番最初にカトルくん最終開放しようと思ったので四天刃ひたすら集めてるわ。

ああ~~もうなんかよくわかんなくなってきたので四象終わってヒッヒの残量が確定したら考えよう。

他の四象武器は?

光の槍と闇の楽器だけ持ってました。なぜこの二つとったのかもう覚えていない。

最終上限素材もあるんですけど天使のアニマがないっす。天使のアニマがないのです。

生放送環境が改善しました

ちょっと前まで、もしかしたら自分の生放送画質悪いのかな?と思っていたのですが、久しぶりに放送したら画質改善できてたみたいです。良かった。

ニコニコの迷走というか仕様変更のごたごたがあったので落ち着くまで待っていたのですが、いつの間にか新しい配信ツールがニコニコの方から出てたのでダウンロードして使ってみました。

N AirはStreamlabs OBSをベースにした、生放送に便利な機能が豊富に組み込まれた高画質配信ソフトです。
NLE(Niconico Live Encoder)よりも、さらに便利になって生まれ変わりました。

ということで私は今までOBSを使っていたので、OBSの後継ソフト?になるのかな?で使いやすかったです。
あといろいろ設定を入力していかなきゃいけないのがめんどくせ~って思ってたのですが、良きに計らえで計らってくれるみたいで配信開始押すだけなの楽すぎた。

いろいろ機能があるみたいなので今度試してみたい。

OBSも良かったんですけど、ニコニコとの相性が考えるものがあって、アップデートするとニコニコに橋渡しするプラグインが不安定になったりしたので、ニコニコに特化してくれるのありがたい。他のサイトでも使えるみたいですが。
あとOBSよりちょっと小洒落たUIになっててどうしたんだニコニコちゃん!??ってなりました。

小言

ニコニコちゃんエンコードソフト自前で配布する気ある~??MP4を作らせてくれ。ニコニコ動画。

パー様のことは好きだけれど

眼に入るたびに頂点数ぅぅううう~~~!!!!!って叫びながら倒れる病気を患ってるので直視できない。すごい薄目で見てます。作画コストぉおおぉお~~!!!も入ってる。
以下誕生日ネタバレ。

続きを読む “パー様のことは好きだけれど”

モデリング・MMD用セットアップ使用ツール一覧

3Dモデル製作のために使っている使用ソフト一覧。主にMMD向けのセットアップに使うツールも記載してます。

動画制作編と制作環境についてはこちらにて。


続きを読む “モデリング・MMD用セットアップ使用ツール一覧”

新しいモデルのデザインメモ

ちょっとやりたいことがあるのでそれに向けて新しくモデルを作ろうと思ってます。
方向性は太郎君と同じなので素材になる感じです。

太郎君系統なのでなるべく幅広い年齢と系統のキャラになれるような服を作らないとなのですが、難しい。ってか難しくはないんだけど味気ないというか。もうちょっとごちゃごちゃなにか装飾があったほうが誤魔化せるというか。せめて差し色入れたいけど差し色入れるとキャラの幅が狭くならない?

マウンテンパーカーと普通のパーカーの好きなところ詰め込みましたみたいな感じになりました。ありそうでない服です。
物理があると扱いが面倒だと思うのでなるべく物理はつけない方向で考えてます。揺れものあるんだけど、はぶいていくよ!どうしても紐を作らないと行けなくなったらカチカチのコチコチにする予定だよ。

あと皆さんに聞いてみたいことがあるんですけど、太郎君みたいに名前があったほうがいいのか、名前があるとなんとなく改変し辛いからなんとか式素体2号とかの記号的呼び名にしたほうがいいのか、どちらが使いやすいですかね?
アンケおいておくのでよろしければお願いします!!使う予定なくても想像で答えてもらえたらありがたいです。

お名前なんてーの?への投票 – 忍者アンケートフォーム

Blender:選択したボーンでウェイトがついてくれないとき

長い間つまずいていたのでメモ。

症状

髪の毛のウェイトが塗りたくて髪の毛のボーンを選択してからウィトペイントモードに移動、ウェイトを塗るも確認したらIKとかにウェイトがついている

原因

選択したボーンに対応する頂点グループが入ってなかった。

頂点グループとは

別々の ウェイト(weight)値 を([0.0,1.0]の範囲で)頂点グループ内の頂点に割り当てることができます(このため頂点グループは ウェイトグループ と呼ばれることがあります)。

Doc:JA/2.6/Manual/Modeling/Meshes/Vertex Groups/Vertex Groups – BlenderWiki

ということらしいので、頂点グループに入ってないとウェイト付けられないよ!っていうことらしいです。

f:id:ito144:20160921222008j:plain

対応する頂点グループとかややこしいけど、要するに上の場所に塗りたいボーンの名称が入ってないとウェイト塗れないよってことでいいのだろうか。

なぜそうなった?

アーマチュアを追加した時に頂点グループも追加されてると思うので ボーンを置いた後に髪の毛のボーンを追加→その分は頂点グループに入ってないのでBlenderの妖精さんが勝手に別のところにウェイトをのせた・・・という感じだったのかなと。

f:id:ito144:20160921222553j:plain

もう一回空のグループでアーマチュア変形させて、髪の毛のボーン分の頂点グループを追加したらウェイト付けられるようになりました。


旧ブログから記事引っ越し

HQ!!キャラ使用シューズ一覧

ハイキュー!!のシューズ特定できたらいいなメモ。
シューズは何かしらアレンジされて描かれているので、参考にしてるんじゃないかなーリストです。あと週によって履いてるシューズ違ったりする。

30%ぐらいのそうかな?って思ったら確定していってます。特定情報あればコマとメーカーを教えて下さい(:D)TZ
情報は古舘先生の絵からのみとっています。

HQ!!衣装関連資料

もっと範囲を広げてメーカー(足ックスかミズミョか)と配色の情報はこっちの記事にまとめてあります。


以下の画像はアマゾンのアソシエイトから引っ張ってきてます。リンク先はアマゾンです。
続きを読む “HQ!!キャラ使用シューズ一覧”

制作環境と使用ソフト一覧

制作環境といろいろ使っている使用ソフト一覧。編集ソフト中心。
(他のことで必要なので動画の為に買ったソフトほとんどないけど)

オールデジタル。アナログで絵を描けない人です。ノートに落書きとかしたことない。

制作環境

パソコン

2013年に買ったマウスコンピューターのG-tuneシリーズのどれか。
Blenderはそこそこのスペックいると聞きますが重くて作業しづらいと思ったことはありません。

なんなのかまったくわかってないけど関係ありそうな所の写真。win10。
MMDは動くし不満はないけど(三条全員踊らせたりするのはカックカクだった)2013年生まれのご高齢なのでいい加減買い替えたい。

BTOパソコン・PC通販ショップのマウスコンピューター

トラックボールマウス

トラックボールマウスじゃないと作業できません。1番の必需品です。
Blenderはショートカットが命なので左手はキーボード、右手はトラックボールマウス。
ガッと長時間作業をする派なので手首は動かしたくない、腕は固定したいって時に便利。

慣れるまでは時間かかるかもだし、ちょっと器用さが居るかもだけど、慣れたら離れられなくなるぞ!でも合う人と合わない人はあると思うぞ!

ペンタブ

ペンタブ持ってるけど絵を描く時しか使ってません。絵やテクスチャを描く時以外は上のトラックボールマウスです。

もともと絵を描いていたのでモデリングにペンタブ必須かどうかと問われるとちょっとよくわからないです。

動画制作使用ツール

静止画編集から動画編集・エンコードまで。

CLIP STUDIO PAINT EX

Price: ¥ 27,271
Was: ¥ 36,720

SAI→イラスタ→クリスタと移動してきてます。
今思うとSAIが一番描き味は良かったなと思うのですが、動画に使う絵はあくまでパーツだと思ってるのでそこまで一枚絵としてのクオリティを求めていません。なのでクリスタの機能をいろいろ使って絵を描いてます。時短ならクリスタ!!一つの動画で100枚ぐらい絵を描く時はすごくありがたみ感じます。

特にベクターレイヤーとか3Dとか便利です。あと素材をストックしておける機能はほんと助かる。作業時間をなるべく削るのです!
3Dはキャラごとの武装とか装飾とかは3D素材をモデリングしておいて素材登録しておきます。
ベクターレイヤーは消しゴムとかバケツ塗りとかする時に威力を発揮します。

薄い本も描くのでEX使ってますが動画制作目的ならEXまでいらないかも?

Blender

最初は他の3Dソフト使っていたのですがBlenderに一本化しました。良いところ悪いところあるんですが総合ソフトなのでモデリングも撮影もBlender内ですべて処理できるようになるっていうのは大きい。

よくBlenderおすすめしますか?って聞かれるんですが、最初はとっつきにくいソフトかもしれない。ただモデリングから撮影まで一つのソフトで済ませられてかつフリーソフトだと選択肢がBlenderぐらいしかメジャーなソフトがない。
例えば手書きMADの背景とかエフェクトの補助で使いたい、イラストを3Dのグリグリした空間で撮影してみたいという場合はBlenderおすすめです。

f:id:ito144:20141208065329p:plain

でも3Dで物体をモデリングするのに使ってるよりは、板ポリに絵を貼り付けてカメラグリグリした映像を作るのに使ってます。あんまりこんな使い方してる人見ない。

でもほんとはC4Dが欲しい。

AfterEffects

はい、AEです。諭吉泥棒です。
私がAE使い始めた頃AviUtlはエンコードをする感じのソフトだったのでAE使ってますが、今はむしろAviUtlのほうが動画でよくみるジャストフィットなプラグインが配布されている気がします。

使用プラグイン

  • Twitch(揺れたり光ったりする)
  • Knoll Light Factory(レンズフレア)
  • Trapcode Form(粒子エフェクト)
  • Trapcode Particular(粒子エフェクト)
  • OLM Smoother(線画のスムージング)
  • Damage(クラッシャーツール)

レンズフレアはこっちよりVIDEO COPILOTのオプティカルフレアの方が安いので手が出しやすいかも。
がんばれば色々やりたいことがやれるソフトなので使いこなせるようになりたい。

おまけで上記のようなロゴを作るときはフォトショとイラレを使ってますがクリスタで十分な気がします。

AviUtl

もうちょっと早く発展してくれていたら私はAEを買ってなかった。AviUtlで十分ですやん。

十分どころかニコ動で活動するならAviUtlの方が使い勝手良さそう。
上にあげたAEのプラグインもAviUtlで拡張すれば同じような効果が作れそうなんだろうな~楽しそうだな~って思いながら見てます。
開発が止まってそうなのが唯一心配ではあるんですが・・・。

ただ私はごく稀にAviUtlでも動画の加工しますが、基本はエンコードにしか使ってないので実際に試してはないです。
今度AviUtlだけで編集してみたい。

VegasPro edit 15

昔人が進めてるのを見て購入しました。Adobe製品はプレビューがほんとに重いので重宝してます。
AEで加工した動画を最後に繋ぎ合わせるのに使っています。

あとMMD動画作るときにモーションがズレてないか、モーション配布動画を下に置いて、自分の動画の透明度下げて再生してみて確かめます。
ちょこちょこPVパートが入ってるMMD動画だとシーンごとに中間出力してしまってから編集ソフトでつなぎ合わせるのが一番作りやすかった。

AviUtlで十分ですやん枠その2なのでおすすめできるかどうかは微妙なのですが興味が出たら体験版をどうぞ。
たまに叩き売りやってるので買うならセールするまで待ってからのほうがいいかも。

ソースネクスト:VEGAS Pro Edit

Ut Video Codec Suite

メインは他のコーデックを使っているのですが、MMDから透過付きで出力したい時にお世話になってます。可逆圧縮コーデックです。
無圧縮で動画を出力していくとすぐにHDDがいっぱいになってしまいます。劣化させることなくサイズ小さくなるので圧縮させましょう。たまに無圧縮で頑張ってる方居ますが圧縮させましょう。(PCと相性が合わなければしょうがない)
中間出力をしないのであれば必要ないかもしれない。

RGBAを選べば透過情報も書き出してくれるので、MMDからキャラクターだけを出力して背景は編集ソフトで付けたいとかいう場合に便利です。

さくっとBlenderで身長を測る

だいたい身長の目安を簡単に出す方法。

今回はこちらのエクスポーターを借りる前提のお話です。

Blender用PMXエクスポーター

リドミに1BlederUnit40センチ相当と説明がありましたので設定していきます。

続きを読む “さくっとBlenderで身長を測る”

おすすめの書籍について悩む

プロフを更新するついでにおすすめ書籍も新しいものにしようと思ったんですけど、かなり迷う。
あとやっぱり情報ツールとしてのtwitterって優秀だったのでtwitter眺めてないと時代に疎くなる。今流行りの書籍わかんない。

今候補に上がってるの並べると

スカルプターのための美術解剖学 -Anatomy For Sculptors日本語版

美術解剖学初心者でもわかりやすい。ざっと目を通しておくとビニール人形卒業できる。
モデリングハウツー系の本は理解したらあとはタンスにしまったままになるんですけど、今の所一番開いてる回数の多い本です。

おすすめしづらい点:値段が高い。
ちょっと興味で買うには手が出しづらいお値段。お値段分の価値はあると思うけど本腰入れて活動していこうって感じの中・上級者向けって感じする。

やわらか3DCG教室

本屋でパラパラっと見た感じかなりわかりやすい説明だなって感じました。とっつきやすそう。3Dの教本でとっつきやすそうとうのは大事。

おすすめしづらい点:私がメタセコ民じゃないうえに購入してない

Autodesk Mayaキャラクターモデリング造形力矯正バイブル -へたくそスパイラルからの脱出! !

Mayaの教本なのですが、Mayaの操作がメインの解説ではないので他のソフト使いが読んでも参考になることが多いです。
だいたい作れるようになったのでさらなるイケメンを目指したい人向け。女の子中心の解説だけども。
表紙の女の子のメイキングをしながらの解説なのでややリアルよりの造形を作りたい人にはおすすめ度が上がります。後半に日本アニメ調のモデルメイキングのページもありますが。
基礎は基礎なのでどの絵調の人でも参考になることはあると思うけどやっぱり中・上級者向けかなぁ?

おすすめしずらい点:いうてもMaya使い前提の解説。

服のシワの描き方

服のシワの描き方の本は一冊持ってると便利。自分でググって資料集めてもいいけども。
どの素材だとどんなシワになるか、っていうのを見るのに使っているけども、それを良い感じでテクスチャに落とし込む方法が解説されているかと言うとう~~ん?という感じ。あと服のシワの描き方系の本これしか見てないので他と比較ができない。

おすすめしづらい点:参考資料なら検索すればいっぱい出てきそう。

あとイラストの本でどれかいいのないかな

私的感想なのですが、ホビーユーザーがモデリングするのに絵は描けたほうがいいのか?という話、別に画力は必要ないかなと思います。あったら便利ですが。
ただ!絵がうまい必要はないですが、実物の立体からとるべきラインをとって3Dに落とし込む能力を手っ取り早く身につけるのにはどうしたらいいのかな?と考えると絵を描く解説本を読んでみるのが一番いいのかな~?と。
おそらく求めてるのは現実的な立体ではなく、そこそこ現実としての説得力を持った良い感じに嘘をついた立体、なんですよね。
良い感じに嘘をつく方法をメインに扱った本がないかな~と今探しています。でもピクシブさんとかメイキング見てたらなんとなく解説本ぐらいの知識量は集まってくる気がする。

おすすめしづらい点:私に画力がないのでいかんとも