モデリング・MMD用セットアップ使用ツール一覧

08/07,2018

3Dモデル製作のために使っている使用ソフト一覧。主にMMD向けのセットアップに使うツールも記載してます。

動画制作編と制作環境についてはこちらにて。

モデリング

Blender

言わずとしれた総合3Dソフト。
頂点のポリポリから材質設定、骨入れ、ウェイト付け、シェイプ(頂点モーフ・ボーンモーフ・UVモーフ)、UV展開、ベイク、軽いテクスチャの色塗りまでBlenderで行います。


https://www.blender.org/

CLIP STUDIO PAINT

基本的にはBlenderの3Dペイントでテクスチャを作るんですが、どうしても細かい装飾がBlenderだと時間かかるというときはクリスタを使います。下絵はめんどくさいから描かないぞ!!
カスタマイズできるのでペンツールとても便利。連続した模様のパターンとかBlenderでは難しいので。
Blenderであたりをつけてから細かいところをクリスタで描いていくのですが、3Dペイント便利なので影とかはBlenderで描いたほうが早いかも。

薄い本も描くのでEX使ってますがモデリングならEXまでいらないし、無料のお絵かきツールで十分かも。

Blender用PMXエクスポーター

BlenderはMMD対応ソフトではないのでアドオン(プラグイン)で拡張してMMDで使用できる仕様に変換します。

私が確認している限りpowroupiさんが管理されてるmmd_toolsアドオンが今の所Blender2.8に対応してる唯一のエクスポーターです。(2019,11月現在)

いと
いと

エクスポーターなくてもなんとかいけるか?とも思いますが、ものすごくめんどくさい作業をやらないといけない気がするので大感謝して使ってます。

ちなみにxismoはMMDというかpmxのエクスポートに標準で対応してると思うので便利です。たぶん。未使用。

MMD向けセットアップ

Pmxエディタ

Blenderから引き継ぎバトンタッチしてMMD用に仕上げていくソフト。
具体的に言うと物理とか物理とか物理を設定します。あと準標準ボーンとか細かい最終チェックとか。

http://kkhk22.seesaa.net/article/282936786.html

Pmxエディタプラグイン

準標準ボーン追加プラグイン

ぽちっとするだけで準標準ボーンが追加できる。ありがたき。

闇鍋プラグイン

痒いところに手が届く便利機能詰め合わせ。

モデルコピープラグイン

ジョイントとか剛体とか違うpmxモデルからいろいろなものをコピーしてこれるプラグイン。

最終調整で微調整しまくる段階になったらモデルコピープラグインを開きっぱなしにしてボタン一つで材質設定とかをコピーします。
いちいち材質とかエッジとかスフィアとか設定し直さなくていいからとても楽ができる。

ウェイト保存/転送プラグイン

選択した頂点のウェイトを保存、別の選択した頂点に保存したウェイトを読み込むことができる。
ウェイトはブレンダーでつけるのであまり使わないのですが、曲面プラグインでつけたウェイトを微修正したポリに持っていきたい時とかに使用してます。

曲面自動設定プラグイン

揺れ者は全部こちらのプラグインにおまかせ!!!!!強い!!!

簡易左右分割モーフ作成プラグイン

モーフの左右分割をやってくれるプラグイン。闇鍋でもできるんですが、複数選択して一気にやりたい人向け。
あとまばたきと笑いを左右分割した時はウィンクに名称を変更してくれます。

どるる式UVエディタ

PMXエディタでUVをこねこねしたいときに使用します。モーフでUVを細かく動かしたいときに活躍。青ざめモーフ作るときに使ってます。
UVモーフの編集で似たようなことはできそうですがこちらのほうがわかりやすいです。

モデルの身長を計測・変更(Height158.dll)

「身長158cm」身長を測ってくれるプラグイン。最初に身長を確認しておくと後で慌てなくても良くなる。

ボーン表示枠編集プラグイン

スカートの物理を表示枠に入れるのにひたすらポチポチポチポチポチポチから卒業できる!!

剛体/Joint一括編集プラグイン

剛体/Jointの設定数値が見やすくなって編集しやすくなりました。

やったぜ。これで物理が倒せるぜ。やったぜ…………。

ボーン多段化プラグイン

MMM使いなのであまりお世話にはならないのですが、デフェルメモデルなど配布する時に大変助かってます。