制作環境と使用ソフト一覧

05/01,2018

制作環境といろいろ使っている使用ソフト一覧。編集ソフト中心。
(他のことで必要なので動画の為に買ったソフトほとんどないけど)

オールデジタル。アナログで絵を描けない人です。ノートに落書きとかしたことない。

制作環境

パソコン

よくわからない。win10の64bitでメモリいっぱい積んでもらった!

トラックボールマウス

トラックボールマウスじゃないと作業できません。1番の必需品です。
Blenderはショートカットが命なので左手はキーボード、右手はトラックボールマウス。
ガッと長時間作業をする派なので手首は動かしたくない、腕は固定したいって時に便利。

慣れるまでは時間かかるかもだし、ちょっと器用さが居るかもだけど、慣れたら離れられなくなるぞ!でも合う人と合わない人はあると思うぞ!

ペンタブ

ワコム Intuos Pen & Touch 油彩制作用モデル Mサイズ CTH-680/S2

ワコムの板タブMサイズ。雑誌と同じぐらいのサイズ。

ペンタブ持ってるけど絵を描く時しか使ってません。絵やテクスチャを描く時以外は上のトラックボールマウスです。

もともと絵を描いていたのでモデリングにペンタブ必須かどうかと問われるとちょっとよくわからないです。
でも生粋の絵師さんとかではないのでだいたいの操作はマウスでやります。ざっくり塗りもマウス。

動画制作使用ツール

静止画編集から動画編集・エンコードまで。
PMXのモデリング特化は下のリンク記事から。

CLIP STUDIO PAINT EX

セルシス CLIP STUDIO PAINT EX【Win/Mac版】(DVD-ROM) CLIPSTUDIOPAINTEXHD [CLIPSTUDIOPAINTEXHD]
created by Rinker

お絵かきソフト。
SAI→イラスタ→クリスタと移動してきてます。
今思うとSAIが一番描き味は良かったなと思うのですが、動画に使う絵はあくまでパーツだと思ってるのでそこまで一枚絵としてのクオリティを求めていません。なのでクリスタの機能をいろいろ使って絵を描いてます。時短ならクリスタ!!一つの動画で100枚以上の絵を描く時はすごくありがたみ感じます。

特にベクターレイヤーとか3Dとか便利です。あと素材をストックしておける機能はほんと助かる。作業時間をなるべく削るのです!
3Dはキャラごとの武装とか装飾とかは3D素材をモデリングしておいて素材登録しておきます。
ベクターレイヤーは消しゴムとかバケツ塗りとかする時に威力を発揮します。

薄い本も描くのでEX使ってますが動画制作目的ならEXまでいらないかも。

Blender

良いところ悪いところあるんですが総合ソフトなのでモデリングも撮影もBlender内ですべて処理できるようになるっていうのは大きい。

f:id:ito144:20141208065329p:plain

よくBlenderおすすめしますか?って聞かれるんですが、最初はとっつきにくいソフトかもしれない。
一ヶ月ぐらい苦しんだらあとは手に馴染むのですが、そこまでいけるかどうかです。
2.8バージョンでかなり初心者さんでもとっつきやすくはなりました。

手描き動画の場合

モデリングから撮影まで一つのソフトで済ませられてかつフリーソフトだと選択肢がBlenderぐらいしかメジャーなソフトがない現状です。
例えば板ペラにイラスト貼り付けて背景は3Dで作ってカメラで撮影したい、イラストを3Dのグリグリした空間で撮影してみたいという場合はBlenderおすすめです。

ただあまり資料や解説はありません。

MMD用モデリングの場合

撮影はMMDでやるのでMMD用のモデリングだけBlenderでやりたいという場合はそこそこ資料集まると思います。

2016年ぐらい?以前はMMDモデリング界隈でBlender使いは少数の変態さんというイメージでしたが、最近人口がすごく増えました。人口が少ないので情報共有があまりできないよっていう記事が出てきたらその時代の名残です。

でもほんとはC4Dが欲しい。

AfterEffects

はい、AEです。諭吉泥棒です。
私がAE使い始めた頃AviUtlはエンコードをする感じのソフトだったのでAE使ってますが、今はむしろAviUtlのほうが動画でよくみるジャストフィットなプラグインが配布されている気がします。

おまけで上記のようなロゴを作るときはフォトショとイラレを使ってますがクリスタで十分だよね。

エンコードはAdobeEncoderのYOUTUBEプリセットを使用します。中間出力してまたエンコードソフトでMP4化っていう工程がしんどいのでDynamic Linkしてくれ。

VegasPro edit 15

AEやMMDで出力した動画をつなぎ合わせて最終の調整をしたり、バランスを見るのにとりあえず中間出力を並べてプレビューしたりするのに使っています。
あと流し込み動画をサクッと作るときとか。

AviUtlで十分ですやん枠その2なのでおすすめできるかどうかは微妙なのですが興味が出たら体験版をどうぞ。
たまに叩き売りやってるので買うならセールするまで待ってからのほうがいいかも。

  • 動作が直感的
  • 動きがサクサク
  • プレビューしながら編集できる
  • 動作が直感的!!!!UIのカスタマイズ可能!!
  • 苦手な形式の動画があるのか、一部の動画を読み込むと不安定な時がある

ソースネクスト:VEGAS Pro Edit

Grass Valley HQ Codec

MMMから出力するときに使う可逆圧縮コーデックです。たまに無圧縮のまま作業してる方いますが動画データ大きいのでコーデック使おう!!
アルファチャンネル対応なので透過情報も書き出してくれる。MMDからキャラクターだけを出力して背景は編集ソフトで付けたいとかいう場合に便利です。

小さいサイズは対応してないので注意。
MMDだと1280✕720、1920×1080あたりのサイズで使います。

https://pro.grassvalley.jp/download/gv_codec_option.htm

中間出力用コーデック

ソフト間の行き来で中間出力するなら、ProResかGoProか適当にやってます。何がいいのかよくわかってないのでおすすめを教えて下さい。

そういえば 最近、中間出力する機会がMMD以外であまりなくなってきたけど。